調理の時短

鶏肉は下味冷凍で節約&時短!美味しく食べる具体的な方法と期間

肉を炒める作業
  • まとめて調理したい
  • 料理の時短がしたい
  • 肉はブロック買い
  • 肉の冷凍の期間やおすすめの下味が知りたい
  • お肉を美味しく食べたい
  • 節約したい

こんな要望をお持ちの方は、下味冷凍がオススメ!

まとめて購入して、一気に調理することで時短かつ節約にもなるし、下味をつけることでお肉が柔らかくなり、普通に食べるより美味しく食べることができます。

特に鶏肉は下味冷凍に向いている◎

今回は、鳥肉の下味冷凍についてまとめました!

鶏肉の下味冷凍保存の仕方

鶏肉は特に、冷凍保存がオススメです。

鳥肉って、切ったり、下茹での作業があったりと面倒ですよね。

まとめてやってしまえば調理が楽!

調理器具も毎回出す必要がなくなるので洗い物も減ります(*^^*)

我が家は鶏肉を2キロ買って冷凍します。

まとめ買いの方が安く買えますし、鶏肉ってスーパーなどでもまとめて買えたりしませんか?

豚肉や牛肉だと、あまり手軽に手に入ることがないのですが、鳥肉は、個人的には一番まとめ買いで手に入りやすいと思うんです。

また、なかなか味が染み込まなかったりしますが、下味をつけることで味がしめて、鶏肉がふっくら美味しく仕上がるようになります。

※小分けで買うときも、調理してから冷凍すると楽ですよ。

鶏肉をまとめ買いしたときの冷凍の手順

我が家の具体的な冷凍の手順を紹介します(*^^*)

1 新聞紙やチラシを調理台に広げて材料を置く

新聞紙やチラシを調理台に広げて

  • 解凍した2KGの肉
  • 必要な数のポリ袋(広げておく)
  • 使い捨て手袋

を準備して、調理台の上に置く。

ポイントとして3つ

  1. ポリ袋を広げておくことと
  2. まとめ買いしたお肉は安定しないことが多いので、壁に持たれかかれるようにすると安定します。
  3. また、お肉は袋をかぶせておくと、ドリップが散っても気にならないのでやりやすいです。

2 鶏肉をカット!

袋から出し、そのまま、鶏肉をはさみでカットしながらポリ袋に入れていきます。

このとき、チキン南蛮やカツ系をつくりたい場合、包丁の方が簡単です。

牛乳パックを使えば汚れ物ナシ!

1回ずつ調理する分に分けるのがポイントです

3 しっかり密閉する

ポリ袋に、調味料を入れてから揉んで、しっかり空気を抜いてから、口をしっかり絞る。

できるだけ空気が入らないようにするのがポイント!

4 何かわかるようにしておく

日付と、何に使うものかを記入して、ジップロックに入れて冷凍!

ポイント

調味料液は、まとめて作ってから、ポリ袋に入れると楽ですよ。

例えば、鶏肉と相性のいい、酒、砂糖、醤油、にんにくをあわせておけば、唐揚げ、煮込み・鍋料理、焼き鳥などに使えますし、シソや鷹の爪などを入れてバリエーションを増やしたりもできます(*^^*)

スポンサードリンク

鶏肉冷凍のおすすめのバリエーション

鶏肉で便利に使える冷凍例を紹介します。

鶏もも肉の冷凍保存

 

チキン南蛮用、チキンカツ用

下味:酒、塩、にんにく

半分に開いて、フォークを刺しておく。

からあげ用

下味:酒、塩、醤油、にんにく、しょうが

はさみで、真ん中に半分に切り込みを入れてから、横半分に切っていく

オムライス用

下味:酒、にんにく

包丁で細かめに切ったほうがやりやすいです

カレー用

下味:酒、にんにく

調理方法は唐揚げと同様です。

煮込みや鍋用

下味;生姜、塩、酒、しょうゆ

鶏胸肉の冷凍保存

我が家の場合、鶏胸肉はこの4つの下味に大体しています。

  • チキン南蛮用
  • オムライス用
  • カレー用
  • 鶏ハム

チキン南蛮、オムライス、カレー用は、鶏もも肉のやり方を参考にしていただければと思います(*^^*)

特にチキン南蛮は、この方法だと、鶏胸肉でも十分美味しく仕上がります。

むしろ鶏胸肉で作る方が人気だったり…

スポンサードリンク

鳥ハムは、いろんな料理に使えるのでオススメですよ。我が家では味のバリエーションを変えて、3枚作っています

作り方はとっても簡単。

鶏ハムのレシピ
  1. 鶏肉を開いて、平らにする。しっかり叩くと平らになりやすいです。
  2. 下味をつけて、一晩寝かせる
  3. サランラップでくるくる巻いて、端っこぎゅっとタコ糸などで縛る
  4. 沸騰したお湯に入れて放置♪

火が通ったら出来上がり♪

手羽元の冷凍保存

手羽元もよく冷凍します(*^^*)

手羽元は、トロトロに煮込むのが我が家では人気です♪

後はからあげですね。

手羽元の冷凍のポイントなんですが、下茹でをしておくことです。

手羽元はどうしても臭みが出やすいのですが、まとめて下茹でしておくば、解凍するときは調理だけで済むので楽になるんです。

火も通りやすくなるので、唐揚げは揚げすぎることがなくなりますし、煮込みもトロトロに~

煮込みは、炊飯器を使うと楽にできますよ(*^^*)

手羽元の煮込みの味付けは、しょうゆ・砂糖・しょうが・にんにく少々です♪

ポイント!

酒、にんにく、しょうが

理由としては、にんにくとしょうがは臭み取りです。特に鳥肉は臭みが出やすいので、どちらかできるだけ入れるように私はしています。

酒は、お肉を柔らかくしてくれるので、必須になります。
砂糖やみりんも、お肉を柔らかくしてくれるので、上手く使い分けるのがオススメです(*^^*)

 豚肉の冷凍保存の場合は?

豚肉は、下味冷凍は必要ないと思っています。

豚肉は、塊で買わない限り冷凍は簡単ですよね。

豚肉の場合は、下味をつけなくても使う量を1回分ずつずつ小分けにして保存するだけでも充分時短になりますよ。

ただ、生姜焼き用、豚丼用は下味をつけておくと、しっかり味が染み込んで美味しくなります。

また、とんかつ用肉を冷凍するときは下ごしらえをしておくと楽です。

とんかつ肉の場合は、包丁の裏でしっかり叩いて、ニンニクのみじん切りと、塩こしょうをふりかけてしっかり下ごしらえをしておきます。

これをしておけば後はあげるだけで済みますし、時間がなければ、オーブンでも調理可能です。

また、豚テキにしても美味しく食べれますよ。

牛肉の冷凍保存は?

牛肉は、味が落ちやすいので冷凍は基本しないことをオススメします。

うちも小分けのモノを冷凍で購入したときくらいしか、めったに冷凍しません。

以前は、安く買って冷凍したりしていましたが、風味が落ちやすいし、そんなに長持ちもしないのでそこまでメリットがないかな?と感じるんですね。

それだったら、小分けの冷凍されたものを購入した方が、新鮮だし楽だし賢い選択だと思います。

もし冷凍する場合は、焼き肉のタレで下味をつけておくと調理にも使いやすく、味も染み込みやすいのでオススメです(*^^*)

牛肉は、冷凍した後も早めに食べたほうがいいと思います。

まとめ

 

全部のお肉に共通して言えるのは、できるだけ薄くして冷凍すること。

ただ鶏肉の場合ポリ袋を使うし、食材のカタチ的にもなかなか難しいです。

なので、解凍に注意するといいです。

解凍は、冷蔵庫でゆっくり解凍するといいですよ。

ちなみに解凍は、下味をつけている場合は、そこまで気をつけなくても風味は落ちないです(*^^*)

解凍については別の記事を良かったら参考にしてくださいね♪

我が家は鶏肉に下味をつけてから冷凍するようになってから、夕飯の鶏肉の出現率が増えました…笑

以前は、鶏肉って、切ったり下茹でしたりが面倒だったので、ミンチ肉や豚肉が牛肉の細切れに走りがちだったんですが、まとめてやってしまえば簡単らし、調理もとても楽です。

しかもお肉の中では一番安いですよね??

食べ盛りの人ばかりの我が家では、もう鳥肉ナシではやってけません…(*^^*)

さあ、今日も手羽元の煮込みを食べようと思います~♪

良かったら試してみてくださいね★