料理の時短

料理の後片付けがめんどくさい!楽にする方法や洗い物を時短するコツ

シンクに食器が溜まっている

料理って、作るまではいいんですが、問題は作った後。

後片付けがイヤだから料理をしたくないって思うことありませんか?

料理の後片付けって面倒ですよね…

  • 食べてお腹いっぱいだし動きたくない
  • 料理をするので力つきた
  • シンクにたまった食器…洗い物がしたくない
  • 後片付けの工程が多い

こういった思いがありますよね。

私も以前は、後片付けがとにかく面倒で、かなりストレスでした。

旦那さんにお願いしても時間がかかるし…

ですが、

「後片付けを楽にする」ようにすればいいんだ!と試行錯誤を重ね、時間短縮していったところ、後片付けを省くコツって色々あり、かなり時短できました。

  • 洗い物を減らす工夫
  • 洗い物を楽にする工夫
  • 洗った後の食器の後片付けを楽にする
  • その他の工程の工夫

などなど、うちの料理の後片付けの時短のコツを紹介します(*^^*)

料理の後片付けが面倒くさい!楽にする方法は?

料理の後片付けは、

  1.  洗い物を減らす
  2.  洗い物を楽にする工夫
  3.  洗った後の食器の後片付けを楽にする工夫
  4.  ちょっとしたムダを省く

この4つを心がけることでみるみる楽になります(*^^*)

順番に紹介したいと思います♪

料理の後片付けを楽にするコツ1 洗い物を減らす

まずは料理の後片付けで一番面倒な工程、お皿洗い。

ちょっと工夫することでお皿の数をぐっと減らすことができます。

洗い物を減らすコツ1・できるだけまな板と包丁を出さない

ハサミで切れるものはハサミを使うと、まな板や包丁を出す手間が省け時短になります。

  • ほうれん草や小松菜などの葉物
  • お肉類

ハサミで充分切れます。

他に切るものがないときはハサミで切るようにすると洗い物が減る!

ハサミは百均のものでも切れ味充分ですし、コスパがいいので買い替えの遠慮もなく、衛生的に使えます。

今は、我が家ではハサミを全部はずして洗えるものを使っていますが、以前は100均のものをずっと使っていましたがお肉なども全然キレますよ♪

洗い物を減らすコツ2 調理器具が必要ない料理を作る

レタスやキャベツは手でちぎれますし、トマトは洗うだけで食べられます。

またレンジやオーブントースターを活用すれば、フライパンや鍋を出す手間も省けます。

こちらは別記事にてまとめています。

洗い物を減らすコツ1 豆腐は菜箸で切る

我が家では、豆腐を使うとき他に切る食材がなければ、菜箸で切ります。

柔らかいので案外簡単に切れるんですよ(*^^*)

味噌汁などは切らなくてもいいかなあとも思います。

以前TVで高橋メアリージュンさんが、実家の味噌汁は豆腐を切って入れないと言っていました。

試してみたけど、見た目も気にならないし、不揃いな感じがかえっていいかも。と思いました

洗い物を減らすコツ4 まな板は牛乳パックを使う

我が家では肉類などはまな板を使わず牛乳パックを切ったものを使って調理しています。

消毒等の手間が省けるし、そのまま使い捨てできるので洗い物減ります

洗い物を減らすコツ5 魚焼きグリルの下にアルミホイル

魚焼きグリルを使うとき、

魚焼きグリルの網の下にアルミホイルをひいておくと、洗うのが楽になりました。

私は毎回受け皿も洗っていましたが、アルミホイル敷いておくだめで受け皿を洗う必要がなくなり楽になりました。

これはトースターなどにも使えます♪

洗い物を減らすコツ5 なるべく食器を出さない

食器はなるべく出さないように工夫しています。

我が家でやっている食器を出さないで済む工夫を紹介しますね。

1 料理を器に盛るという概念をなくす
スポンサードリンク

鍋などもフライパンもおしゃれなものなら、そのまま出せますし、鍋やフライパンの暖かさであったかいまま食べれますし後片付けも楽です。

2 ワンプレートにする

お皿を使いたい料理は、ワンプレートのお皿を使うのも手です。

ワンプレートだったら複数のお皿を出すよりも出すのもしまうのも手軽ですし、後片付けも簡単。

仕切りがあるワンプレート皿だと汚れも広がらないので洗い物も楽になります。

3 そのまま出しても可愛い保存容器にいれる

保存容器はプラスティックを使っているお家も多いかと思いますが、ガラスやホーローの保存容器だとそのまま出しても見た目も良かったりします。

スポンサードリンク

お皿を出す手間がなくなり、洗い物が減らすことができますし、プラスチックのように臭いなども移らないので、洗うのも楽◎

料理によって使い分けるのがおすすめです!

料理の後片付けを楽にするコツ2 洗い物を時短

洗い物を減らすのはもちろんです が、「食後の洗い物」自体を楽にすることで後片付けがめんどくさい気持ちが減ります。

食事って、リラックスして食べるので、疲れがどっと出ます。

なので食後はどうしても気がゆるみ後片付けがしんどいなあ・・・と感じてしまいます。

食後の後片付けが楽になる方法を紹介しますね。

洗い物の時短のコツ1・フライパンはできるだけ調理してすぐ洗う

フライパンのままで食事を出さないときは、フライパンはすぐ、熱い内にあらいます。
熱いうちに洗うと、フライパンが温かいままなので汚れが落ちやすく手早く洗えます。

洗い物の時短のコツ2 汚れがひどいものは洗う前に拭く

使い古した服等を小さく切ったものを、シンクのところに置いています。カレーなどを食べるとお皿の汚れがひどいですよね。

汚れがひどいものは拭きとってから洗うだけでとても楽です。

拭き取らずに洗うと、スポンジが汚れてしまい、再度洗って洗剤をつけて…と手間がかかりますが、事前に拭き取ればその手間がなくなりますよね、

洗い物の時短のコツ3 ・早く洗う方法を身につける

手早く洗う方法を身に付けるのも手だと思います。

やり方を工夫するだけで洗い物ってグーンと手早く済ませられるんですよ(*^^*)

他の記事にこちらは記載しています。

洗い物の時短のコツ4 食洗機をつかう

やはり洗い物が1番の時間は食洗機です。

自分で洗った方が早いと言う方もいますよね。

確かに自分で洗うのが1番早いかもしれないですが、それだと人に任せることができません。

食洗機だったら誰でも入れるだけなのでとても簡単ですし、手が空いた毎日のお皿洗いの時間を別のことに使えるのはとても有意義です。

ツールを上手く使うことで家事はグッと楽になりますよ。

料理の後片付けを楽にするコツ3 食器の片付けの時短

ここでは洗った後の食器の片付けをどう楽にするか?を紹介します。

食器がたまると食器棚にしまうのも面倒になりますよね。

食器の後片付けの時短1 その都度拭く

以前は、調理道具など少し前に洗った食器が乾いてなければ、その上からどんどん食器を重ねていました。

ですが乾いてなくても、ちゃんと食器をなおしてから次の洗い物をするようにしたら洗い物時間も短縮されて、楽になりました。

食器の後片付けの時短2 熱いお湯をかける

水切りカゴがある場合しか使えませんが、洗い物が終わった後は、熱いお湯をかけると乾きが早くなります。

ちなみに私は、晩ご飯の最後の洗い物は、他の洗い物がない場合はしばらくしてからか、朝拭きます。

朝になればほとんど乾いているので、勝手に乾いてくれるんだから、すぐ拭くという労力は必要なくなります。

料理の後片付けを楽にするコツ4 テーブルまわりの時短

洗い物を減らす・洗い物を時短することで食後の後片付けはぐっと楽になりますが、後片付けには、食後のテーブルの片付けもありますよね。

出した食器をキッチンシンクに持っていったり、テーブルを拭いたり、食べこぼしの処理など。

まず食後に取り掛かるのがこの工程なのでこの工程が楽になるとグッと後片付けがしんどい気持ちが減ります♪

テーブルまわりの後片付けの時短1 各自で食器をシンクに

うちは食事の後片付けはみんなでやります。

食事をした後のお皿などは各自、自分で流し台まで持っていきます。

調味料などはまとめてトレイに乗せてキッチンへ。

自分の食器を片付けてもらうだけでも労力が全然違ってきます。

また、小さい子でも机を拭くことはできますよね。

うちは卓上式の除菌スプレーを用意し、机は子供に拭いてもらっています(*^^*)

テーブルまわりの後片付けの時短2 各自水で軽くながす

使った食器を軽く水で流しておくと、汚れ落ちがよくなります。

大きめのボウルなどに水を貼っておき、「ここに入れてね!」というのもアリですね。

料理のあつ片づけが面倒くさいを解決♪

食事の後片付けの短縮方法ってこんなにあるんだ!と思いませんか?

でも逆にそのくらい工程が多いということなのではないでしょうか。

私も以前は、料理を作るだけで力尽きてしまったり、後片付けが面倒で外食やお惣菜にしてしまったりしていました。

今は後片付けが楽になったので、できれば減らしたい外食、惣菜、ストレス、3つがめきめきーと減りました(*^^*)

どれも簡単なことばかりだし試してみてくださいね!