調理の時短

圧力鍋は電気とガスどっちを選ぶべき?メリットデメリットを比較

オシャレな鍋と苗木
  • 電気圧力鍋の購入を検討している
  • 圧力鍋と電気圧力鍋で迷っている
  • 電気圧力鍋は炊飯器にもなる?炊飯器ではダメなの?

などなど…

電気圧力鍋が普及されてきていて購入に迷っている方も多いかと思います。

普通の圧力鍋と電気圧力鍋との違いも気になるところですよね。

今回は、

  • 電気圧力鍋・ガス式圧力鍋のメリット・デメリット
  • 圧力鍋はガス・電気どちらが時短になるのか?
  • 電気圧力鍋・ガス式圧力鍋どっちが便利?

などなど電気・ガス式の圧力鍋の比較をしてみました!

圧力鍋は電気とガスどっちがいい?時短・便利なのは?

電気圧力鍋と加熱式の圧力鍋、どちらがいいか迷ってしまいますよね。

私は、自宅や実家でどちらも使ったことがあるのですが、導入するとなるとどちらがいいのか悩んでしまいます。

まずはそれぞれどんなメリット・デメリットがあるのかまとめてみました!

電気圧力鍋のメリットデメリット

 

電気圧力鍋のメリット
  1. 焦げない、焦げにくい
  2. 簡単に洗える見張らなくていい
  3. 誰でも簡単にできる
  4. 自動温度調整なので楽
  5. コンロを使わない

電気圧力鍋は、洗いやすかったり、誰でも簡単に使用でき、見張る必要がないので、炊飯器のようにスイッチさえ押せば、料理を作ってくれるのが魅力です。

電気圧力鍋のメリット

  1. 料理時間の設定などの操作が面倒
  2. 焦げ目を付けたりはできない
  3. 収納スペースが必要
  4. 高い
  5. レシピがまだ少ない

 

炊飯器やレンジのように機械の設定をする必要がありますし、焦げ目を付けたりはできないので料理によっては、物足りなく感じることも。

また、ガス式の圧力鍋だと、鍋を収納できればいいですが、電気圧力鍋は収納しておくスペースが必要です。

導入コストについても、ガスコンロ式より、まだお高いかな、とも思います。

加熱式圧力鍋のメリットデメリット

加熱式圧力鍋のメリット
  1. 火にかけるだけだから操作が簡単
  2. コスパがいい
  3. 種類が豊富

圧力鍋の場合は、ガスをつけて自分で調整するだけなので操作は簡単ではあります。

以前から普及されている分、種類も豊富ですし安心ではあるし、自由度は、電気圧力鍋より高いと言えるでしょう。

加熱式圧力鍋のデメリット
  1. 重い
  2. 洗うのに手間取る
  3. 慣れるまで扱いが難しい
  4. 火の調整が必要

デメリットとしてはこげつきやすく、途中で開けられないので、慣れないと使い勝手が悪く感じる部分。

また重いので洗うのが大変だったりもします。

スポンサードリンク

電気圧力鍋・加熱式圧力鍋は時短・便利なのはどっち?

時短に関して言えば、ガスコンロ式の圧力鍋より電気圧力鍋が圧倒的に時短になると思います。

ガスコンロ式の圧力鍋は料理の時間短縮こそできますが、見張る必要があるし、洗うのも、重くて億劫です。

なので、ほったらかしでも、調理できる電気式の圧力鍋の方が効率的に料理をしたいなら便利かと思います。

わたしは、調理スペースがあれば、電気圧力鍋をぜひとも購入したいですね。

ただどちらが便利か?で言うと、一長一短な気がします。

というのも、電気圧力鍋は、スペースが必要ですし、家電なので定期的なメンテナンスが必要。

炊飯器とかも、メンテナンスに以外と時間がかかったりスペースを確保するのに悩んだりしますよね。

ただ、スペースもあり導入できる!という場合、電気圧力鍋で短縮できる時間は大きいかと思います。

冬場などであれば、朝設定したら、夕飯は帰宅後すぐ食べられるので、朝時間を活用できるし、子供の習い事などで遅くなりそうなトキはとても便利かと思います。

毎日の料理作りでは、作っている間に他の調理が可能だったり、お風呂や家事などをしておくことも可能ですよね。

スポンサードリンク

また、お出かけのときはカレーを作っておいたり、休日はお出かけ前にスイッチを押しておけば、疲れた身体に鞭打つ必要はなくなりますよね♪

毎日の使用用途以外でも、ママには活躍しそうなシーンがかなり思い浮かびます。

ただ、使用頻度が低そうであれば、導入する必要もない気がします。

モノが増えると手入れも必要。

なので家事が増える。とも言えますよね。

キッチンが狭い場合も、場所を十分に確保できず使い勝手が悪くなって結局、ほこりかぶってフリマアプリに出店!

なんてことが起こりかねません。

なので、購入の際は少し注意が必要ですね。

そもそも圧力鍋って必要?

そもそも圧力鍋って、必要なのでしょうか?

個人的な意見としては「あると便利」といった感じです。

料理の時短にはかなり役立ってくれますが、道具が増えることで家事も増えるとも言えますよね。

メリットはとにかく、食材が早く柔らかく煮えることです。

  • サンマや角煮を煮れば骨まで食べられる
  • カレーはトロトロになったり
  • おでんも味が染み込みやすくまる

などなど調理の時間短縮にはピッタリです。

他の料理でも

  • カレー
  • 煮ひたし
  • 煮付けおでん
  • ぶり大根
  • 炊き込みご飯

などなど、じっくりコトコト煮込みたい料理が向いています。

ただ、普通の鍋に比べれば、ガス式、電気式ともに、洗いづらいことと、加圧した後はフタを開けられないことはデメリットもあります。

個人的には、ガスコンロ式の圧力鍋を購入するのであれば、多層鍋(保湿鍋)の方が使い勝手がいいと思います。

私が使っている多層鍋、ビタクラフトのお鍋はかなり使い勝手がよくオススメです♪

電気圧力鍋は炊飯器でシュミレーションしてみるのがオススメ!

炊飯器も圧が結構かかるので、電気圧力鍋と同じように使えます。

なので、まずは炊飯器で、料理をしてみて、便利そうだと思ったら購入するといいかと思います(*^^*)

わたし自身、電気圧力鍋を持っていないので、炊飯器はかなり活用していますよ。

  • ぶり大根
  • おでん
  • ブタの角煮

などなど、圧力鍋のようにトロトロに煮えます。

圧力鍋って便利?ガスコンロ式との違いは時短力!まとめ

今回、ガスコンロ式の圧力鍋と電気式圧力鍋を比較したまとめてみました。

個人的には購入するのであれば、電気圧力鍋の方が買うメリットが大きいと感じた。

ガスコンロ式の圧力鍋であれば、他構造鍋(無水鍋)が使い勝手が良いように思います

こちらも圧力鍋の一つですし、手入れも楽ですよ~(*^^*)

個人的には今後、炊飯器が壊れたら、大きめの無水鍋と電気圧力鍋を購入しようと思っています。

それぞれ炊飯ができるので炊飯器も必要ないですし、圧力鍋で炊いたご飯って美味しいですしね

まだまだ先ですが楽しみです♪