片付け収納の時短アイデア

汚部屋脱出に成功した主婦がきっかけや秘訣を紹介!ゴミ屋敷から逃げない

  • 汚部屋を脱出したいけどどうしていいか分からない
  • 元汚部屋の人、どうやったのか気になる
  • 元部屋住人の脱出のきっかけが知りたい
  • 部屋を片付ける気になれない
  • 何で私、汚部屋になちゃったんだろう?
  • 汚部屋から脱出する方法が知りたい

などなど…

汚部屋を脱出したいけど、どうしていいかわからない。…と悩んでいませんか?

私も家が汚屋敷化しているとき、とっても悩んでいました(´;ω;`)

みんなどうやっているんだろう?

私なんでできないんだろう?と自分を責めていました。

今回は、

  • 汚部屋になる具体的な原因
  • 私がゴミ屋敷を脱出したきっかけ
  • 汚部屋から脱出するにはどうしたらいいか

などなど、汚部屋から脱出した主婦が汚屋敷脱出の秘訣を紹介します。

今、私が汚部屋リバウンドなしに過ごせているのは、この記事に書いている内容がすべて。

なかなか汚部屋から脱出できないあなたへ少しでも届けばいいなあ、と思います。

汚部屋から解放されると日々の生活が明るくなりますよ♪

汚脱出の具体的な手順・方法・コツについては別の記事にまとめていますのでそちらを参考にしてください(*´∀`*)

汚部屋脱出に成功した主婦が語る!ゴミ屋敷からの解放への近道

まず、汚部屋から脱出するために一番大事なことがあります。

それは、自分を知って、理解し、受け止めること。

今の状況を受け止めることは、本当っに大事です!

ここがしっかりしていないと、一度部屋がきれいになろうが、また同じことが繰り返されます。

私も、ただ闇雲に掃除していたトキは汚部屋リバウンドを繰り返していました。

表面だけ繕っても、実際の中身がシッカリしていないと、すぐに崩れ落ちてしまう。

恋愛、パートナーとの関係と同じです。

本当に脱出したいのであれば、しっかり自分を理解し、受け止めること。

自分自身についてシッカリ考えてみることが大事だと身を持って知りました。

これができれば、80%成功すると考えてもいいと思います。

つまりは汚部屋になった原因を探ることが必要です。

 

我が家の場合は、まずは汚部屋になってしまった理由を考えてみました。

スポンサードリンク

 

汚部屋脱出に成功するにはまず原因を知ることから

原因を見直さず、片付けを始めてもまた今のように汚部屋になってしまう可能性大です。

だって何がいけないか?を理解してないから。

なので原因とはしっかり向き合うことをオススメします。

そもそも何で汚部屋になったのか。

原因としては、一言でいうと、甘え、弱さ

具体的な人それぞれ理由は様々だと思うのですが、

キッカケなんて、初めは、ほんの些細なものなんだと思います。

  • ちょっと時間がないからその辺に置いておこう
  • そんなに汚れていないし、後からでいいや

など。

「まあいいや、後で良いや」が、どんどん増え、気づいたら手遅れ…(´;ω;`)

…って感じではなかったですか?

 

私の場合でいうと、

汚い部屋に住んでいて言えることではないのですが、私は汚い環境が好きなワケではありません^^;

むしろ、どちらかというと潔癖症よりでした。

汚部屋に住んでいるけど、実は潔癖症って人は案外いるんですよね。

じゃあなぜ汚部屋になってしまうの?ってところですよね。

汚部屋の原因は負のループからだと私は思っています。

 

元々はキレイ好きなわけですから、ゴミ屋敷に生活しているとストレスが半端ないわけです。

掃除すればいい話なのですが、そもそも汚部屋になる時点で、自分に甘えているわけです。

キツイことを言うようですが、ココはしっかり受け止めることが必要な問題と思います。

私も逃げ続けて、もう手遅れ・・・となったので・・・

汚部屋の具体的な原因1 空間に合わせた量に収める

私の場合、小さい頃から、片付けは得意ではありませんでした。

でも小さい頃って自分で管理するスペースなんて限られているじゃないですか。

そんな中で、汚れていたとしても、管理しているスペースが少ないから、何とかリセットできます

ですが、結婚して、子供を産んで管理するスペースが増えました

初めは頑張るんですよね。

でも根本的な部分、

ものを増やしすぎてしまう。とか

そういう部分が抜けていないから結局また片付けられないんですよね

 

汚部屋になる人って、根本的な、「空間に合わせた量を収める」ってことが苦手なんだと思うんですよ。

とにかく、「空間に合わせた量に収める」ことを心がけないといけません。

だからといって、広い空間にお引越しではなく、自分で管理できるだけのスペースに収めることも大事だと思います。

マインドさえしっかりすれば、後は断捨離・収納・捨てるの繰り返し

汚部屋の具体的な原因2 断捨離からが基本

断捨離は一番大事なポイントです。

ここが上手くいかないと、収納、掃除も上手くいかないです。

逆に、断捨離が上手く行けば、収納・掃除もうまくいきます。

別の場所に移すのではなく、きちんと捨てること。

まずはここからです。

今の状況を理解することが大事です。

この捨てる行為が一番大変なんですが、一番効果的。

 

私は、今でこそ、簡単にいる・いらないを判断できますが、以前は捨てられませんでした。

ですが、

今。
以前捨てられなかったものも結局ゴミになっています。

そのスペースや、管理していた自分の時間の損失はとても大きかったなと思うんですね。

まずは汚部屋住人マインドから脱出すること!

私自身、汚部屋マインドでした。

つまり甘えていたんです。

自分に甘えている人が考えることは、

  • 掃除しよう
  • さっさと片付けよう

ではなく、

どうやったらこの環境から逃げ出せるか?

です。

スポンサードリンク

逃げ出す方法として考えるのは、なるべくその環境にいないようにするわけです。

もしくは、見ないフリをする。

他の聖域に隠れる…なんてことを行ってしまうんですよ。

 

逃げて逃げて逃げて…

状況は悪化してしまうわけです。

今、汚部屋に住んでいるのであればよーくわかっていただけるのではないかと思います。

何でこんなことが言い切れるかと言うと、実際私が体験して、心底悩んだことだから。

私が汚部屋から脱出できたきっかけ

我が家の場合は、カビが一気に生えたことが色んな意味で転機となりました。

当時は苦しくて仕方なかったけど、汚屋敷脱出に成功した今は当時がありがたくさえ感じます。

 

ある日、気管支炎になったんです。

咳が止まらなくて、肺が痛くて…

カビってことは分かっていたけど、どこから発生しているか分からなくて。

…もしや?

たくさんの荷物をどけて、畳をあげてみると、カビでびっしり(´;ω;`)

フローリングにリフォームすることに。

 

我が家の場合は、リフォームしたことが、汚部屋から脱出の光でした。

リフォームの過程で、モノが多いことから、まずはモノをどける作業をしないければいけないので、余計に時間がかかりました。

また、こんな汚部屋に住んでいるんだ…と思われるのも恥ずかしかったです…

 

汚部屋が原因でお金が倍かかって…

人に見られて恥ずかしくて…

このとき、やっと。

汚部屋を何とかしよう。と決心しました。

 

そもそも我が家が汚部屋になってしまったのは、

我が家の場合、汚部屋になってしまった経緯は、土地柄を理解せず生活していたこと・忙しかったこと。

私は、高温多湿の地域に住んでいるのですが、都会に住んでいた私は、土地柄を理解していなかったんですね。

私自身、カビやダニなんか見たことないし、どういう状況で生えるか知らなかった。

都会では、基本乾燥してることの方が多かったですし加湿器を使っていたくらい。

 

なのでちょっとしまったお皿を食器棚においてもカビが生えることなんかないし、ちょっとしまったお洋服を収納しても問題なかった。

その勢いで、高温多湿のこの地域でも同じような生活を行っていました。

初めてカビを見た時は虫かと思いました。笑

 

お気に入りの黒のライダースジャケットにびっしり、緑色の水玉模様。

カビと聞いたとき発狂しました。

また以前は同居だったのですが、旦那のお母さんが物を捨てられないタイプだったんですね。

 

なので家中、お義母さんの荷物でいっぱいでした。

私も子育て中だったので、手入れ出来ません。

すると、高温多湿の地域なので、どんどんカビが繁殖したんです。

で、どうしよう?となった私達は、カビが広がらないように、とにかく荷物を一部屋にまとめよう。

倉庫部屋を作って荷物を集めよう。

と思いました。

この時点で私は捨てたかったのですが、人のものなので捨てられません。

このときの荷物たちは、結局ゴミとなりました、その時点で説得しておけば良かったかも…

でも、量が多く、1つの部屋では収まりきらずどんどん、増えていき、部屋に収まりきらなくなりました(´;ω;`)

まだ0歳児を抱えていた私は、部屋の掃除も行き届いていないくらい忙しいのに、

そんな中、片付けをする時間を取るのに、かなりの時間を費やしました。

気がつけば、荷物を置くスペースがどんどんが増えていき、気づけば汚部屋状態に…(´;ω;`

 

そんな日々に目をそらしていたら…

身体にまで、不運が出てきました

人間、本当にヤバイ状況にならないと、抜け出すことってなかなか難しいと実感しました。

いま、この記事を読んでいるあなたには私みたいになってほしくないです。

汚部屋に住みつづけるデメリットを考えてみよう

汚部屋にすみ続けると、どんどん運気が下がっていきます。

上手くいかなくなるのは、生活だけではなかったりします。

夫婦関係。

子供とのかかわり。

友人関係。

健康面。

金銭面。

時間面。

不思議と…

すべてのことがどんどん上手く行かなくなります。

すべてつながっているのかは、分かりません。

ただ、負のループは連鎖する。

実体験から、それだけは言い切れます。

負のループが続くと、どんどん閉鎖的になっていきます。

汚部屋から、脱出するには、まずは状況のヤバさをしっかり確認することです。

  • その部屋、彼氏呼べますか?
  • 家庭訪問がきても大丈夫ですか?
  • 過ごしていてやすらぎますか?

……NOですよね。

汚部屋ってヤバイんですよ。

私は身をもって経験したので言い切れます!

ゴミ屋敷になる前に食い止めなければ、人間的パワーなくなっちゃいますよ。

汚部屋から脱出するためにどうしたらいいか

頭では状況のやばさが分かっていても、心がついていかないんですよね(´;ω;`)

そんなときは、強制的に片付けないといけに状況をつくるといいと思います。

 

我が家の場合も、強制的に汚部屋から脱出しざるを得ない状況でした。

人間は、本当にやばい状況にならないと、変われないもの。

例えば、

賃貸の場合だったら、引っ越しとか、友達を大勢呼ぶ予定を作ったり、親を呼んだり。

一回、恥かくと、人間やるものですよ。笑

受験勉強と一緒で、やる気さえ出れば、どんどん片付くんです。

だってすることは、

  • 捨てる
  • 収納する
  • 掃除

この3つだけなんですよ。

この3つを繰り返せば、自ずとも片付くんです。

難しく考えず、シンプルに考えるのが一番!

汚部屋脱出マインドを持てたところで具体的なステップに進んでみましょう♪

汚部屋脱出に実際にかかった期間

我が家の場合は、複数箇所汚部屋があったので、半年かかりました。

今まで、やってなかった分のしっぺ返しだと思って、

もう汚部屋から逃げない!

という気持ちを強く持ってがんばりました(*^^*)

ただ、ハイペースで進めると途中で力尽きてしまいます。

無理をせず、自分のペースで進めていくのが汚部屋脱出突破の鍵&リバウンドなしで本当の意味の「成功」をつかむコツだと思います。

汚部屋脱出主婦ですがリバウンドなしです◎

今回は我が家が汚部屋を脱出した経緯や脱出するには、どうしたらいいのか?をまとめました(*^^*)

一番大事なのはやはり「マインド」だと思います。

どれだけ汚部屋脱出したい気持ちが強いのか?はとても大切なこと。

 

あまり難しく考えず少しずつでいいと思います。

私は他の記事もたくさん書いていますが、かなりズボラです。

「いかに楽にできるか」ばかり考えていますw

こんな私でも脱出できたので、誰でも脱出できると思うんですよね。

 

家がスッキリしていると、本当に物事がスムーズに進みます。

がんばって脱出できるといいですね(*^^*)