子育てのお悩み

オキシクリーンは赤ちゃんにとって安全?ベビー用や日本製の違いは?

赤ちゃんの足

知名度も上がり、すっかり日本に定着しつつあるオキシクリーン。

使い勝手も良く、汚れ落ちが抜群!

手放せない存在になっているママさんも多いでしょう。

ですが、頭の中でチラつくオキシクリーンの安全性について。

赤ちゃんがいるご家庭の場合、特に気になりますよね。

今回はオキシクリーンの赤ちゃんへの安全性についてまとめました。

オキシクリーンは赤ちゃんに安全?

 

結論から言うと、「製品による」と私は考えています。

ただ、オキシクリーンは安全かは、人によって「安全」と思う方と「安全でない」と思う人がいると思います。

理由としては、

  1. オキシクリーンは3種類ある
  2. 安全性が確立していない成分もある

あるのですが、

3種類のオキシクリーンによって成分が違うこと・成分への気遣いは人によって全然違うこともあるので、人によって「安全」と考えるか「安全ではない」と考えるか変わってくると思うんですね。

それぞれのオキシクリーンの成分の紹介と、

私が赤ちゃんに使って安全と考えているオキシクリーン・ベビー用品にはオススメできないオキシクリーンについて紹介しますね。

オキシクリーンは実は3種類!それぞれの安全性の違いは?

オキシクリーンには、

  1. 日本製のオキシクリーン
  2. アメリカ製のオキシクリーン
  3. オキシクリーンベイビーoxiclean baby

といった3種類のオキシクリーンがあるんですね。

この3つはそれぞれパッケージや成分が微妙に違うんです。

 

まず私個人の意見としては、

日本版オキシクリーン→安全

アメリカ版オキシクリーン→安全とは言い切れない

オキシクリーンベビー→安全とは言い切れない

と考えています。

オキシクリーン、ベビー版でも安全じゃあない?!とちょっとビックリしてしまいますよね。

その理由について説明していきますね。

1 日本版オキシクリーン【中国製】は赤ちゃんに安全?

 

日本版オキシクリーンは、

  • 過炭酸ナトリウム
  • 炭酸ナトリウム

といった「漂白剤成分」のみでできています。

主成分は、過炭酸ナトリウムになりますが、

過炭酸ナトリウムは水に溶けることで、

  • 炭酸ソーダ
  • 酸素

に分解されます。

つまりは安全性の高い成分と言えるわけですね。

これらの成分は、日本の商品の色々なものに使われていますし、ベビー用品にも使われている成分です。

なので私は、日本製オキシクリーンは比較的安全性が高いと考えています♪

また

  • 蛍光剤
  • 香料
  • 塩素
  • 界面活性剤

などの「安全と言い切れない」成分が配合されていないところもポイントです。

 

日本版オキシクリーンにはデメリットもある!

日本版オキシクリーンは、アメリカ製オキシクリーンと成分が違うため、

泡立ちは、モコモコ~とは泡立ちません。

見た目は、重曹やクエン酸のように、「白」のみ。

スポンサードリンク

なので、アメリカ版オキシクリーンを使っていた人からするとん?と思う部分も。

また、成分も違うので、アメリカ製のオキシクリーンより「落ちが悪い」なんてこともあるかと思います。

2 アメリカ製のオキシクリーンは赤ちゃんに安全でない?

 

アメリカ版のオキシクリーンの成分は、

  • 過炭酸ナトリウム
  • 炭酸ナトリウム
  • 界面活性剤
  • 蛍光増白剤(1%未満)
  • 香料(1%未満)

主な成分は、日本版オキシクリーンの成分である「漂白成分」。

加えて、「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」が入っています。

※界面活性剤とは、石鹸などに入っている成分で、汚れが水に溶けやすくなります。

アメリカ版のオキシクリーンは日本版オキシクリーンより汚れ落ちがいいとされているのですのですが、その秘密はこちらの界面活性剤なんですね。

 

見た目も、日本製と違い、青いツブツブが入っています。

泡立ちもモコモコ~とすごいです♪

その代わりといったらなんですが、「界面活性剤」は安全性が確立されていないのです。

なので、お肌に優しいかと言われると、イエスとは言い切れないし、安全か安全でないかで言えば、「安全とは言い切れない」というわけですね。

界面活性剤とは?

界面活性剤には色んな種類があり、説明すると難しくなりますので簡単に言うと、

「水と油を強引に混ぜてしまう成分」です。

水と油って混ざりませんよね??

その2つを強制的にくっつけちゃおうぜ!といった成分です。

こちらは、食品にも使われています。

 

「乳化剤」って聞いたことないですか??

スポンサードリンク

乳化の意味は、油と水を界面活性剤でくっつけちゃうことです。

 

つまりは乳化剤=合成界面活性剤となります。

で、先程も申したとおり、この界面活性剤については安全性が確立されていません。

 

ですが、私達の生活のいたるところに使われていたりします。

  • シャンプー
  • 洗剤
  • 化粧水

や乳化剤として、

・マヨネーズ
・マーガリン
・アイスクリームなど。

なので、「危険だ!」と決めつけてしまうと、現代を生きる上でとても生きにくくなるとも思うんですね。

界面活性剤について詳しく知りたい方は、こちらが参考になりましたよ♪

http://love-theearth.com/environment/environment05/

 

で、もう一点の成分の蛍光増白剤や香料。

こちらも安全とは言い切れはしないでしょう。

ただ、アメリカ版オキシクリーンの成分、蛍光増白剤と香料は、パッケージにも表記されていない成分なので1%未満であると言えます。

※1%未満は成分表記義務がありません。

なので、主成分ではないので、人によってどう思うか大きく変わってくる部分なんですね。

3 オキシクリーンベイビーは赤ちゃんに安全とは言えない?

 

オキシクリーンベビーの成分は、

  • 過炭酸ナトリウム
  • 界面活性剤
  • 炭酸ナトリウム
  • 分散剤

となっています。

やはり界面活性剤が入っています。

 

アメリカ版オキシクリーンと何が違うのかというと、

  1. 蛍光増白剤と香料が配合されているのがアメリカ版オキシクリーン
  2. 蛍光増白剤と香料が配合されていないのがオキシクリーンベビー

こんな感じです。

ベビー用なんだから、安全なのでは?と思いますよね。

でも実際に使って問題があったり、身体に悪いか?などは、確立されていないので確かめようがないのです。

 

しかも、ベビー用と書いてあるくらいなので、赤ちゃんにも安心して使ってください!

と言ってるようなモノですよね。

この辺りは、個人個人の生きる上での考え方によって違うと思います。

「合成」だから悪いわけじゃない。
世の中、そんなモノはありふれてる。
みんな使っているし、気にならない

って人もいるだろうし、

できるだけ安全なモノがいい。
赤ちゃんには、「合成」は使いたくない。

て人もいますよね。

ただ、「ベビー用として販売している」という点は、判断基準になりやすい部分かと思います。

結局、赤ちゃんにはオキシクリーンを使って大丈夫なの?

100%安全とは言い切れないですが、気にする方は、日本製を使うのがベターではないかと私は思います。

私自身も、安全性とか気にするタイプなので、日本製オキシクリーンを使っています。

 

ですが、そもそも赤ちゃんの何にオキシクリーンを使いたいかにもよりますよね。

 

例えば、赤ちゃんの服やよだれかけって洗濯しても、何だか乳臭い。といった場合。

この場合は、母乳汚れになるので、タンパク汚れで酸性になるんですね。

なので母乳汚れは、オキシクリーンよりセスキ炭酸ソーダが効果的だったりします。

 

オキシクリーンは、セスキ炭酸ソーダの成分と似ているので、オキシクリーンを使っても汚れは落ちます。

が、安全性などが気になるのであれば、セスキ炭酸ソーダも安全ですし、結構オススメですよ(*^^*)

 

ちなみに我が家の場合は、

  • 靴など、直接肌に触れる面積が少ないモノはオキシクリーン
  • 肌に触れる箇所が多い洋服は、セスキ炭酸ソーダを使っています。

オキシクリーンは赤ちゃんに安全?種類ごとの私の考察まとめ

 

安全性って難しいですよね。

  • 身体内部への影響
  • 皮膚などの影響
  • 環境への影響

安全といっても色々ありますし、情報もありふれているので迷ってしまいますよね(´;ω;`)

私も気になって色々調べてしまったりしますが、キリがなくなってしまったりして^^;

 

結局は、

自分の今ある知識で、どれだけ守ってやれるか

なのかな、とも思ってきました。

 

結局どれがいいのか?という部分では、安全を考慮すれば日本製が安全かと思います。

なので、こういった3択があれば、私は一番後悔の確立が低い日本製を選びます。

 

余談ですが、タンパク汚れは、アルカリ性で効果的に分解でき、臭いもなくなります。

洗濯する直前ではなく、汚れてすぐに洗濯までの間つけておくのが理想的です。

 

湿った(汚れた)ままだと、すぐ菌が繁殖し、カビや雑菌臭の原因になりますよ~

良かったら参考にしてくださいね(*^^*)