調理の時短

ハンドブレンダー・ミキサー・フードプロセッサー・ジューサーの違いは?

  • ジューサー
  • ミキサー
  • ハンドブレンダー
  • フードプロセッサー

これらの違いって一体なに?

と思いませんか?

私も、離乳食やジュースが作りたくて、検討していたのですが、結局どれを買えば良いのか悩んでいて調べてみたところ、

実はどれも全然別物だったんです。

今回は、ジューサー、ミキサー、ハンドブレンダー、フードプロセッサーの違いをまとめました(*^^*)

良かったら参考にしてください。

ハンドブレンダー・ミキサー・フードプロセッサー・ジューサーそれぞれの違い

  • ジューサー
  • ミキサー
  • ハンドブレンダー
  • フードプロセッサー

などなどすりつぶす・ペーストにする機能などは色々ありますがどれを選んで良いのか分かりませんよね。

それぞれの機能の紹介と他のものとの違いを紹介します。

ミキサーって何?

日本ではミキサーと言いますが、世界的にはミキサーはブレンダーと言います。

世界的にミキサーと言うものは、卵や生クリームを泡立てる泡だて器のこと。

いわば、電動泡立て器のことです。

そのような経緯から、日本でも最近はブレンダーと表記されるケースが増えています。

昔から日本でミキサーと親しまれているものは、据え置きのブレンダーですね。

ミキサーはどのような時や用途で使うの?

ミキサーが得意とすることは、

  • 混ぜ合わせること
  • 砕くこと

主に、個体→液体や個体→ペーストにすることが得意です。

フードプロセッサーと比較されることが多いですが、据え置きタイプのモノでも、フードプロセッサーのような役割ができることもあります。

はぴこ
はぴこ
例えば、ミンチ肉を作ったり、こねたりといった作業

ジューサーとも比較されることが多いですが、ジューサーとの違いは結構大きかったりします。

ジューサーって何?

ジューサーとは、その名の通り、ジュースを作るためのモノです。

ミキサーの場合、ドロっとした感じに仕上がりますが、ジューサーは、液体と残りカスを分別することで、固形物のない、サラサラした状態に仕上げてくれます。

最近では、「スロージューサー」と呼ばれるものが人気です。

スロージューサーとは、低回転式のジューサーのことで食材を圧縮しながらすりつぶしていきます。

従来の高速式のジューサーに比べて、熱に弱い栄養素や酵素が破壊されづらいのが特徴。

1番のメリットは栄養価をしっかりとれることです。

従来のジューサーよりも100%の栄養価の高いジュースを作ることができます。

ただ、高い、複雑な構造なので、パーツが多く洗いづらいといったデメリットもあります。

スロージューサーは高速式のジューサーやミキサーに比べて高価なのもデメリットです。

ハンドブレンダー・ハンドミキサーって何?

先程紹介した通り、ミキサーとはいわば電動泡だて器のことを指します。

なので、ハンドミキサーは基本的に泡立てることしかできないんです。

一緒のモノだと紹介されていたりしますが、ハンドミキサーとハンドブレンダーは実はまったく別物なんですね。

ハンドブレンダーとは、アタッチメントを変えて使えるミキサーで、鍋に直に入れて使えたりと、手軽に使えるといったメリットがあります。

簡単に説明するとすると、据え置きミキサーとフードプロセッサーを兼ね合わせ、手軽に使えるモノです。

ハンドブレンダーだと、アタッチメントさえあれば、

スポンサードリンク
  • 砕く
  • きざむ
  • すりつぶす
  • 千切り
  • 混ぜる
  • 挽く

などと機種にもよりますが、用途が多彩です。

はぴこ
はぴこ

ここまでだと、とても魅力的に感じるハンドブレンダーですが、少し中途半端な点がある

例えば、量が多くなるとすりつぶす作業も、ミキサーに劣ります。

また、刻む事はフードプロセッサーにはかないません。

少量の場合は、とても便利だったりします。

例えば、一人分のジュースを作りたい、とか。

また、離乳食つくりにも活躍してくれます。

フードプロセッサーって何?

  • 刻む
  • 擦る
  • 混ぜる
  • こねる
  • みじん切り

などといったことができます。

固形→固形や固形→ペーストが得意です。

フープロによっては、千切りやスライスができるものもあります。

また、水分がない材料にも対応していて、ミキサーが苦手なことを得意とする場合が多いです。

逆に、ミキサーのように、液体のものはフープロでは対処できません。

ミキサーとフードプロセッサーの代用は可能?

作りたいものによっては可能でもあります。

フープロでできる機能の中で、

例えば、

  • プリン
  • ハンバーグ
  • 離乳食

などは、ミキサーでも対応できますが、

  • スコーンなどの水分のないおやつ
  • 野菜をみじん切りにしたい

などは、液体ではないのでミキサーでは難しいです。

私も、代用したいがために、ミキサー毎振ってみたりしましたけど、ただ時間が無駄に過ぎただけでした^^;

もし、代用を考えるのであれば、ハンドブレンダーが無難かと思います。

みじん切りなども可能ですし、機種によっては、千切り、スライスもできるモノもありますので。

ジューサーとミキサーの違いは?

ジューサーとミキサーは似ていますがそれぞれ違いがあります。

  • ジューサーは素材を液体と食物繊維に分ける。食感はサラサラ
  • ミキサーは素材を「すりつぶす」から、食感はドロっとしている

味で考えるとすれば、どちらの食感が自分の好みか?というところになります。

ジューサーとミキサーの栄養価の違い

栄養価で考えるとすれば、

  • ジューサーはビタミンCなどがとりたい人
  • ミキサーは食物繊維が取りたい人

が向いています。

ミキサーはまるごと取れるので栄養素はジューサーより多いと思いがちですが、ビタミンcなどの栄養素はミキサーよりジューサーの方が、効率的に摂取できるとされています。

ジューサーとミキサー どちらがオススメ?

ジューサーとミキサーので迷っているのであれば、目的を考えると良いですよ。

ジューサーがいい場合

  • 美肌
  • 肌荒れの解消
  • サラッとしたフレッシュジュースが飲みたい

酵素を取りたいなど、健康志向の場合、スロージューサーが最もオススメです。

ミキサーがいい場合

  • 食物繊維を取りたい
  • 便秘解消
  • スムージーが飲みたい

また、他の用途でも使用したい場合は、ミキサーがいいかと思います。

ミキサーとジューサーは代用できる?

そもそも「目的」が違うので、代用はできません。

ミキサーの場合、フードプロセッサーのような要素があったり、ミル機能がついているものがあるので、使用の幅は広いです。

ジューサーは、その名の通り、ジュースを作ることを目的としているので、代用はできないと思ったほうがいいです。

ハンドブレンダー・ミキサー・フードプロセッサー・ジューサーそれぞれの違いまとめ

  • ジューサー→サラッとしたジュースを作るもの
  • 据え置きミキサー→液体やペーストにする
  • ハンドブレンダー→フープロや、ミキサーを兼ね備えている
  • フードプロセッサー→個体、ペーストにするのが得意

ということをまとめました。

結論としましては、それぞれ得意とする分野が違うので併用は難しい。というところ。

無難なのはハンドブレンダーかもしれませんね。

迷ったら、一番の目的に合わせて購入するのがいいのかな、と思います。

私は、スムージーと離乳食が一番の目的でしたのでミキサーを購入しました。

ミキサーは安価ですし、以外と活用出来ますのでオススメですよ(*^^*)

参考になれば幸いです。